Flash CS3 ActionScript3.0 勉強部屋




1.変数の型
・int型:32ビットの符号付き整数。-2,147,483,648〜2,147,483,647の範囲を表現できます。
・uint型:32ビットの符号付き整数。0〜4,294,967,295の範囲を表現できます。
・Number型:64ビットの汎用数値型。浮動小数点数を含む全ての数値を表現できます。
・Boolean型:trueかfalseの値をとる真偽型。
・String型:文字列を格納できます。



2.クリックやキー入力で動かす
・Flashを触る上で、クリックで物を動かしたり、キーボードが押されたときに物を動かす
といった仕組みは必要不可欠です。
◆クリックすると回転方向が反転します
◆左右キーで、左右方向の回転速度が上がります
◆お持ち帰り用 2_addEventListener.fla


・これには addEventListener というものを使います。

// Script ---------------------------------------------------------------------
var rot:int = 10;

this.addEventListener(Event.ENTER_FRAME,rotationBall);
function rotationBall(event:Event):void{
	this.ball.rotation += rot;
}

this.stage.addEventListener(MouseEvent.CLICK,reverseRotation);
function reverseRotation(event:MouseEvent):void{
	rot = -rot;
}

this.stage.addEventListener(KeyboardEvent.KEY_DOWN,accelerateBall);
function accelerateBall(event:KeyboardEvent):void{
	switch(event.keyCode){
		case Keyboard.LEFT:
			rot -= 3;
			break;
		case Keyboard.RIGHT:
			rot += 3;
			break;
	}
}
// ----------------------------------------------------------------------------

・this.stage.addEventListener(KeyboardEvent.KEY_DOWN,accelerateBall);
 という風に書くと、
 this.stage よ、おまえは KeyboardEvent.KEY_DOWN が起こったら accelerateBall を呼ぶんだぞ!!
 と命令していることになるわけです。



3.attachMovieの代わりは?
・たくさんの絵を配置するとなると手動では面倒になってきます。
・ActionScript2.0では、attachMovieというものを使っていましたが、ActionScript3.0では・・・
◆クリックするとなんか配置されます
◆お持ち帰り用 3_addChild.fla


・これには addChild というものを使います。

// Script ---------------------------------------------------------------------

this.stage.addEventListener(MouseEvent.CLICK,createCatBall);
function createCatBall(event:MouseEvent):void{
	var cb:CatBall = new CatBall();
	cb.x = event.stageX;
	cb.y = event.stageY;
	addChild(cb);
}

// ----------------------------------------------------------------------------

・前バージョンのFlashと同様にリンケージをするわけですが、基本クラスというものを選べます。
 flash.display.MovieClipを選んでまず問題はありません。
 動きのないもの(タイムラインが必要がないもの)の場合は、
 flash.display.Spriteを選んだほうが処理が軽いです。
 クラス、は使うときに利用する名前です。
・リンケージが済んだら、newで生成し、addChildに渡すだけで表示されます。
・明示されていませんが、生成された絵はメインタイムライン上に配置されています。



4.当たり判定
・ActionScript2.0での、当たり判定はhitTestというものを使っていました。ActionScript3.0では・・・
◆マウスカーソルが当たると透けます
◆四角同士が当たると透けます
◆お持ち帰り用 4_hitTest.fla


・大きくは変わっていませんが、ちょっとした違いがあります。

// Script ---------------------------------------------------------------------

// 移動量
var mx1:int = 3;
var my1:int = 3;
var mx2:int = 5;
var my2:int = 5;

this.stage.addEventListener(Event.ENTER_FRAME,func);
function func(event:Event):void{
	
	// box1の移動制御
	this.box1.x += mx1;
	this.box1.y += my1;
	if( this.box1.x<=0 || (360-this.box1.width)<=this.box1.x ){
		mx1 = -mx1;
	}
	if( this.box1.y<=0 || (240-this.box1.height)<=this.box1.y ){
		my1 = -my1;
	}
	
	// box2の移動制御
	this.box2.x += mx2;
	this.box2.y += my2;
	if( this.box2.x<=0 || (360-this.box2.width)<=this.box2.x ){
		mx2 = -mx2;
	}
	if( this.box2.y<=0 || (240-this.box2.height)<=this.box2.y ){
		my2 = -my2;
	}
	
	// 透明度初期化
	this.box1.alpha = 1;
	this.box2.alpha = 1;
	
	// box1とbox2が当たれば透けさせる
	if(this.box1.hitTestObject(this.box2)){
		this.box1.alpha = 0.2;
		this.box2.alpha = 0.2;
	}
	
	// box1にカーソルが当たれば透けさせる
	if(this.box1.hitTestPoint(this.mouseX,this.mouseY,true)){
		this.box1.alpha = 0.2;
	}
	
	// box2にカーソルが当たれば透けさせる
	if(this.box2.hitTestPoint(this.mouseX,this.mouseY,true)){
		this.box2.alpha = 0.2;
	}
	
}

// ----------------------------------------------------------------------------

・ActionScript3.0では、hitTestObjectとhitTestPointの2種類に分かれています。
 hitTestObjectはモノとモノの当たり判定です。
 hitTestPointはモノと座標の当たり判定です。
・ご注意いただきたいことがあります。
 hitTestObjectと、hitTestPointで最後の引数がfalseの場合は、
 モノの形通りではなく、モノを囲む四角で当たり判定が取られます。



5.音を鳴らす



	
	
		


◆クリックすると音が鳴ります
◆お持ち帰り用 5_Sound.fla


// Script ---------------------------------------------------------------------

var se1:Sound = new SE1();
var se2:Sound = new SE2();
var se3:Sound = new SE3();
var se4:Sound = new SE4();

this.stage.addEventListener(MouseEvent.CLICK, func);
function func(event:MouseEvent):void
{
	if (this.box1.hitTestPoint(this.mouseX, this.mouseY, true))
		se1.play();
	
	if (this.box2.hitTestPoint(this.mouseX, this.mouseY, true))
		se2.play();
	
	if (this.box3.hitTestPoint(this.mouseX, this.mouseY, true))
		se3.play();
	
	if (this.box4.hitTestPoint(this.mouseX, this.mouseY, true))
		se4.play();
}

// ----------------------------------------------------------------------------

・newで生成して、play()を使うだけで再生できます。
・準備としてリンケージをしておくのですが、ちょっとした注意があります。
 基本クラスを「flash.media.Sound」にする
 ActionScriptに書き出し、にチェックを入れる
 最初のフレームに書き出し、にチェックを入れる



Copyright © 2008-2017 Nekorald All rights reserved.